2017年3月29日水曜日

数値だけでは決まらない。戦っている相手人間なのだから。

例えばジャンケンにこんなルールをつけるとする。

グーで勝てば相手から1000円もらえる
パーで勝てば相手から2000円もらえる
チョキで勝てば相手から5000円もらえる

これをやるとして、もしも相手がランダムに三つの手を平均して出す機械とかだとするなら、
ひたすらにチョキを出し続けるのが文句無く効果的だ。

例え負けても自分は1000円しか払わない、
勝てば一方で5000円もらえる、
圧倒的なローリスク、ハイリターンだろう。

、、、が実際にこのルールで人間同士が戦った時、どうなるか?
多分ひたすらチョキを出す人はあまりいない。
チョキが数字的には有利である事を各プレイヤーが十分に承知している以上、
結局そこに「人間の思考」が介在するからだ。

さて、
競技麻雀にも「数字的には可能だが現実的には無理」という局面が多々発生する。
昔とある競技大会のトーナメント戦であったのだが、

オーラスに自分の条件は14000点差の南家をまくること、
つまりハネ満ツモか満貫直撃だった。
その中で最後のツモ17巡目にようやく以下の手を張る
二三四六七③④⑤⑧⑧345 ドラ北
ツモ番ももう無かったが渋々宣言
「リーチ」
これで南家がハイテイで放銃してくれれば条件達成である!

・・・数理上リーチしなければ勝てる道すらないのだから仕方なくかけたのだが、
書いててむなしくなる位、今考えても「起きるわけねーだろ」である。

こっちの事情をさっして苦笑いをしながら南家は安全牌を切って、親のノーテン宣言とともにこの戦いは終了した。

まあこれはちょっと極端な例だが、
やはり麻雀には「数字的な可能性と現実性での狭間での判断」というのが要求される場面が多々出てくる。
そしてそれは情報のベクトルが違うものであり、いつだって正確な答えは出せない代物なのだ。
「情報のベクトル」については以下記事もご参考までに。

http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/12/blog-post_28.html

さて昨日協会主催のネット麻雀リーグ「しゃるうぃー天鳳」にて麻雀を打った。
結果は3212でプラス4ポイント。
正直に「やっちまった」と思った局面が3つほどあった。
ただそれ以上に4回戦のオーラスはかなり判断が微妙だった。

着順システムは素点一切関係なしの完全順位制、
トップ +2P、2着 +1p、3着 0p、ラス -3p、
ラスが特に厳しいシステムである。

そして南4局にて点棒状況は以下の通り

東家 zero氏 25100
南家 逢川 38000
西家 蔵 25900
北家 武中 11000

8巡目に以下の手
①②②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑨⑨北北 ドラ五

北と⑨が1枚切れ、⑥が2枚切れ、自分の河はピンズ染め超濃厚。

②を切ってリーチをかけた。
北がzero氏か蔵から出れば文句なし。
逢川からの場合、リーチをかけてれば裏次第ではトップもある。
③⑥ツモで裏からのラス抜けもある。
ラス抜けのパターン数や、トップの可能性とか考えると、数理上はリーチかもしれない。

がラスだけが強烈なマイナスを負うこのルール、
「リーチをかけた時の出にくさ」というのは上記の人間的判断が加わるとどうなるかは想像に難くない。
特に北についてはダマとリーチでかなりの出やすさに差がある。

だがこのリーグ戦はいわゆるタイトル戦に近い戦いであり、皆が優勝目指してゴリ押しをしてくる可能性がある。
俺としても優勝目指すには無難な三着の可能性を多少低めてでも、更に上の着順も追えるメリットはある。

協会ルールなら素点も意味があるから確実に満貫クラスを拾う為にダマ?いや協会ルールこそリーチ?

・・・とか色々と考える間もなく、優勝目指してゴリ押ししてきた蔵から一発で北が出て僥倖の2着終了となった。

いつだって麻雀は、曖昧かつベクトルの異なる情報を統括的に判断するバランスゲームなわけで、
そんな事を改めて思った、たった一局、されど一局だった。
どーなんでしょうねこの一手

リーチ?ダマ?いっそテンパイ崩し?
皆さんの意見を是非に^^
特に天鳳なれてる方の意見をぜひtwitter等にて頂ければ幸いです^^


【追記】
こんな事を書いていたら、
協会の二見さんから「ダマで逢川から北が出たら西入だからまだラスは決まらんぞ」
って突込みが着ました。
・・・・・皆さん、
ルールの把握漏れに気をつけましょう!

m(_ _)m

https://freshlive.tv/npm2001/97696

2017年3月27日月曜日

渋川難波はやはり強かった件 (第15回日本オープン決勝)

第15回日本オープン
優勝は日本プロ麻雀協会の渋川難波。

雀竜位、野口賞に続いての三つ目の栄冠、
彼が現協会を代表する打ち手の一人だという事を示す結果だと思う。
https://twitter.com/ClubNPM/status/845967042012360704

しかし今回の渋川の麻雀について解説の木原さんもコメントしていたが、
タイトルには色々な勝ち方がある」という感想を僕も持たずにはいられなかった。

思えば以前にこんな内容の日記を書いた。
http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/11/blog-post_45.html

簡単に言えば、
タイトル戦とは一位のうま味だけが巨大なゲームであり、目指すものは平均着順ではなく一位回数の多さである、
よって
「守りすぎると自滅する」
「普段のフリー等とは違う性質であり攻める姿勢こそが大事
というのが僕の考え方の基本だった。

しかし今回の渋川の麻雀は本当に我慢に我慢を重ねた物だった。
無論展開による所もあったが「僕だったら勝負しているかも」という局面をひたすらに我慢し、確実な局面でしっかりリードを広げて勝ちきる、お見事としか言いよう無い物だった。

ぶっちゃけ僕が上記のように「攻める姿勢の重要性」を考えているのは、
「最終盤にて精神的プレッシャーが大きくなる局面を作らず、その前に決着をつけたい」という逃げの思考が多少ある。終盤前に周りを諦めさせれば、精神的にも点棒的にも楽なのは事実なわけで。

でも渋川はギリギリの局面を恐れず、ギリギリまで詰め寄られても冷静に凌ぎぎった、
これは彼の技術の高さはもちろん、自身の麻雀に持っている自信の表れに見えた。
改めてその精神力と判断の正確さを思い知らされる内容だったと言える。

いよいよ4/2(日)から始まる来期雀王戦B1リーグ、
ここで今年は渋川と戦うことにもなるわけだが、今からもう「出来る限り渋川とあたりませんように」とかちょっと考えてしまう一日だったかもしれません^^;

・・・・まあでも無論打ち手として楽しみな面もあるし、
結局は自分がやれることやるだけですけどね。

改めて自分の麻雀感を見つめなおすいい機会になる決勝だったとも思う。 渋川難波、本当におめでとう!

しかしまあ一方で、
負けた方々のこの勝負にかける思いも本当に見てて伝わってきた決勝だった。

連盟の石立さんとは直接の面識は無いが、
ずっと表舞台に立たず10年以上選手をやってきた人があの舞台をどれ位重く受け止めていた、どれ位勝ちたいかは同じ様にキャリアを積んでいる身として察するに余りあるし、
勝ちたい意志が画面からも明確に伝わってくる内容だった。

そして小倉孝、
思えば9年前の第6回日本オープン、
最後の最後で彼が連盟の藤崎さんの倍満に屈し準優勝に終わったあの時を知るからこそ、彼が今回の決勝に熱い思いを抱いていたのは想像できた。

それらの思いも含めて、本当に楽しませていただきました。
桑原さんも本当にお疲れ様でした。

ちなみに小倉孝が敗れた第6期の観戦記のURLはこちらです。
現Aリーガーの佐久間さんが書いている中々の名作なので興味のある方は是非^^

http://npm2001.com/nihonopen/6-nop.html

2017年3月25日土曜日

タイトル決勝戦の変化について (ついでに第15期日本オープン決勝について)

数年前までタイトル戦の決勝に生放送というものはなかった。
どこかしらの雀荘で対局者と記録係、
そして大勢のギャラリーとともに行われていた。

無論ギャラリーが勝負に何かしらの影響を与えるのは許されない話であり、
人々は能面のように静かに勝負の行く末を見守る事を義務付けられていた。
それでも各局の決着の際にギャラリーが声を殺しきれずに生じるどよめき、
各半荘間での会話、
そして勝負がいよいよ佳境にはいった際の静寂、
「決勝独特の雰囲気」というものがそこにはあった。

生放送が普及して僕を含めた多くの人は自宅でご飯を食べながらゆっくり観戦ができるようになった。
会場生観戦のように立ちっぱなしではないし、
何より4人の手をすべて同時に確認できる(現場観戦だと立ち居地をコロコロ変える事はNGなので全員の手は見れない)、
なんとも便利な時代になったと思う反面、
あの独特の空気を味わえなくなったの少々寂しい面もある。

特に先述の「勝負が佳境に入った瞬間の緊張感」、僕はこれがたまらなく好きだった。
2時間前までは半荘の合間に談笑していた対局者達がいよいよ会話をしなくなり、
その空気を察してまわりも会話をしなくなる、
場の空気が一気に変わる瞬間が確かにそこにあった。


生放送が出来るまで、決勝観戦というのは麻雀の内容はもちろんその空気を味わうところまで含めて楽しむ物だった。

そして選手として決勝に進出した場合の緊張感も若干異なる物となったと感じる。
近年の放送はより多くの人の目に触れる一方で、会場には関係者以外がいない。
人数は少なくても現場で生観戦者から受けるプレッシャーとどちらがきついかというのは人によるだろう。

個人的には、昔の現場に多くのギャラリーを抱えていた時の方が緊張したかなあ、と思ったりもする。特に超有名プロとかに後ろに立たれると多少なりとものプレッシャーを感じた物だった。僕も人間なのでw

先日の雀竜位決定戦最終日の放送を見ていて、
「さぞかし今現場はピリついているだろうなあ」と考えながら、
その空気を現場で味わってみたかった、とかちょっと思ったのでありました。

さてそして、
去年まで麻雀界のGIタイトルでも唯一決勝生放送が無かった大会、
協会主催の日本オープンも今年からいよいよ決勝生放送になる。
これでいよいよ「現場の臨場感」を感じれなくなるのだなあ、とちょっとだけ寂しい気持ちもあるが、家でゆっくり今年の勝負も見せてもらえるのは有難くもある。

明日行われる決勝のメンバーは、
石立岳大プロ(プロ連盟)
桑原俊之さん
渋川難波プロ(プロ協会)
小倉孝プロ(プロ協会)

個人的にはやはり小倉・渋川の対決が非常に楽しみだ。
以前に小倉について記事を書いた事があるが、
http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/11/3.html

この文中で小倉の事を「今までも僕が協会で見てきた中でもNo.1の天才」と称する一方、
「それに匹敵するとしたら渋川か仲林」と書いた。

協会の元祖天才と本家天才の対決、期待せずにはいられない^^

https://freshlive.tv/threearrows-ch/96397
http://live.nicovideo.jp/watch/lv293340342