follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年1月19日土曜日

競技麻雀における空白の時間帯と自動配牌について

ガラ、ガシャ
田内翼「あっ、すみません。」

協会員とセット麻雀をしていた時のことである。
南場の私の親番にて彼が配牌をとっている途中に自分の前のヤマを3,4枚崩してしまった。
そして申し訳なさそうにする彼を見ながらちょっと色々と考えた。


麻雀において、サイコロを振った瞬間から親の第一打が始まるまでの時間は「空白の時間帯」といえる。

今回のような事態が起きた際、
まだ配牌の取り出しも始まってない時点なら素直にヤマを上げ直せばいいし、
局の途中だったらチョンボか否かの裁定判断をすればいい。
しかしまだ正式に局が始まったわけでもなく、でもこの局の情報の一部は開示されている時点、ここで中断となるようなことが起きると、どのように対応するかが少々難しい。
これは各ケースにあわせて団体はもちろん立会人によって判断が異なるだろう。


んで、こういう事態が久々に起きて、
「いっそもう競技も自動配牌を採用しちゃったほうがいいかもなあ」とかふと思った。

近年フリー雀荘だと当たり前のように使われている自動配牌、
競技団体でこれを正式採用しているところは2019年1月時点でまだない。
理由は何かと聞かれれば、
「混ざらない気がする」というなんともアバウトな先入観や、
「古くからの作法を踏襲すべき」という伝統への拘り、
多分これだろう。

使うこと自体にほとんど問題はない。
実際今年度始まったMリーグでは自動配牌が採用されているし、
別に局後の洗牌をすれば混ざらないという事もまずないし、
時間短縮にもなるし、
何より今回のようなケースの防止にもなる。

まあ第1ツモとり忘れへのルール化などは必要かもだが、
それでもいい加減にデフォルト採用にしてもいいのになあ、
そもそも巷じゃこっちのほうが主流だし、
改めて考えるとメリットのほうが多い。

果たしてこの歴史を最初に打ち破るのはどの団体だろう、
「競技中は禁煙」の動きが約10年前に麻雀界で一気に広まった時と同様に、おそらく1つの団体が採用を決めれば一気に動く気もする。
そしてそれはそんな遠い未来じゃないだろう。
セット中に不意に起きた事故からそんな事を改めて思ったのだった。


が、
そんな事よりも当面の問題はこの局をどうするか、である。
田内「どうしましょう。やり直します?」

自分がすでに取っている12枚に目をおろす。
44556667②③④⑤



どうしよう。
こんなのやり直しとか言われたら泣いちゃう、俺。

渋川「別にどっちでもいいですけど、やり直します?」

おい、こらやめろ渋川!
ど、どうしよう。あまりにも力強く主張するのもなんか不自然だし、、

『いや、別にいいんじゃない?ほとんど見えてないし、すぐ消化されるヤマ部分だし。』

必死の駆け引き、そして結局そのまま続行。
んで6巡目にリーチ。
数巡後にツモって4000オールであった。
八八44556667③④⑤ ツモ 5 ドラ 中 裏 一

勝った・・・
私は渋川難波をねじ伏せたのだ・・・
そんな高揚感に包まれる4000オールであった。
※注意 半荘自体は渋川のダントツトップで終了。

2019年1月17日木曜日

タイトル戦は出れる時にちゃんと出ときましょう。あとで後悔するかもです。

日本オープンプロ予選の3/2がオヤジの法事とかぶってしまったため今年は出れない事に決定。。。。
そもそも双子の兄(武中真)が「3/2だったら対局とかないはず」って言ってたのを鵜呑みにしたら、
奴は歴代優勝者でシードがあるという事実を見落としていた(ーー;)


まあ今更家族全員の用事をずらすとか難しいので今年度は泣く泣く諦めます(TへT)
おもえば今年度は雀王・雀竜・オータム以外のOPタイトル戦はRMUクラウンしか出れなかったなあ、
去年度はちなみに日本オープンしか出れなかった。
とにかくこの2年間、家庭と仕事がドタバタしてて出る暇が無く。

オープンタイトルって参加するのに予定管理が結構難しい部分もある。
リーグ戦はもう最初から10節の日程が決まっているから予定が立てやすいけど、
オープンタイトルの場合は勝ち上がるか否かでそれが変わってくるからだ。
3連休、勝ち上がると全て対局、こんな事もざらだし、
それが原因で恋人にふられた選手も見た事があるしw

僕も20代とかの独り身街道驀進中でお金も余裕ある時はとにかく出れるタイトル全部出てた。
予定なんて幾らでもずらせていたし、対局こそが休日の最優先事項だったし。
ただ今は家庭の都合もあってそうもいかない。
こう考えると20代の自分が羨ましい。


食えない麻雀プロ、
やっぱりどうしても家庭事情(結婚、地方在住 等)で「大会に出たくても出れない」って人を結構見る。
東京で独り身で麻雀プロやってる人ってやっぱり競技の環境として凄い恵まれてるのは事実だろう。

改めてなんだけど、
競技選手の中にはリーグ戦と自団体のタイトル戦以外は出ない人が結構いる。

考え方はわかる。
タイトル戦優勝って宝くじ買うレベルの話だし、そう考えると出る気しない人もいるだろう。
僕も実際あまりにも通過率やシステムに魅力を感じなくてほとんど出てないタイトルもちょっとだけある。

ただまあそれを言うなら麻雀プロなんてそもそもやらなくてもいいんじゃね?ってどうしても思ってしまう。
オープン大会ほど面白い物はないし、打ち手としての欲を駆り立てられる場もない。
宝くじは買わなきゃ当たらない。
歴代の多くのタイトル獲得者は積極的に色々なオープン大会にでて勝ちより遥かに多くの負けを経験している。これは事実である。

そして大会に出て得た色々な経験、出来た人脈、
色々と考えて、同時に今の「出たくてもなかなか出れない自分」を見ると、
「出れる時に極力出といてよかった」って納得感は実はちょっとある。

麻雀プロとして競技を楽しみたい人は出れるだけ出るべき。
出れるのに出ない人は単純に麻雀プロってステータスが欲しいだけに見える。(あまり意味のないステータスだが)


思えば6年位前まではチャンピオンロードも毎回出てたしなあ。
当時はグラチャンが特昇対象じゃなかったのもあり協会員の参加者も少なかったので、
多分第3か第4回くらいまでは僕が協会員で一番多く出てた人間まであったんだけどね^^;
最近は色々あってあんま出れず。

来年度はどれ位出れるかね。いや出来る限り予定しっかりあけたいけど。
4月のマスターズ、まずは出たい。
けどちょっとまだしばらくは落ち着きそうもない部分もあるんだよなあ・・・・・
まあ2,3月もスリアロCSとかチャンピオンロードは出れるの出るけど。

というわけで、
今年度の自分の公式対局がほぼ終わってしまった事に対する愚痴と、
東京在住で時間とお金に余裕がある人は出来る限りタイトル戦でましょうね、そうじゃなきゃ競技選手である意味ないと僕は思うので、
というお話でした。

2019年1月13日日曜日

第17期雀竜位決定戦がいよいよ始まる

今期の雀竜位A級も1/13(日)に終了、
ついに決定戦にて雀竜位を争う4名が決定いたしました。
https://twitter.com/ClubNPM/status/1084419972254773248 

とうわけで、
改めて第17期雀竜位決定戦のメンバー4人を紹介したいかと。
ちなみに去年も似たような記事書いてるので興味ある人はそっちもどうぞ。
https://susumutakenaka.blogspot.com/2018/02/16.html 

●No1
・名前:江崎文郎
・デビュー:13期後期
・所属:B2リーグ
 ・主なキャリア:第15期、16期雀竜位、 2015 最強戦全日本プロ代表決定戦優勝
・その他:
去年の王者であり現在2連覇中の現雀竜位。
打点重視の重厚かつシンプルなスタイルで狙うはもちろん協会史上初となる雀竜位3連覇の偉業。
そういや約2年前の初戴冠の時にちょうど彼女と別れたらしいが、現在どうなってるかは不明。

●No2
・名前:吉田航平
・デビュー:14期後期
・所属:C2リーグ
 ・主なキャリア:
・その他:
今回一番のダークホースという言うべき存在の男。
決勝初出場だろうし、ニコ生対局もひょっとすると初経験なのではないだろうか。
近年はネット麻雀(天鳳)で名を馳せてる若手も多いが、彼はそういうタイプでもないらしく、とにかく麻雀については未知数。決勝でその真価を見れることでしょう。

ちなみに協会の吉田は彼を含めて4人。結構多い。
いずれもそこそこキャリアがある人なので彼の影はやはり薄い。
だがこの決勝をきっかけに「協会の吉田といえば航平」と呼ばれる時代が数年後来る!、、、かもしれない。
彼に興味ある人はツイッターのフォローを推奨。これ見る限り結構面白そうな男ですw
https://twitter.com/beerboy813 

●No3
・名前:矢島亨
・デビュー:6期後期
・所属:Aリーグ
 ・主なキャリア:第15期日本オープン、 第12期 雀王戦2位、 第40期 王位戦2位 等
・その他:
いわずと知れたAリーガー。その腕は確かであり実績面では今回のトップは彼だろう。
そして現雀竜位江崎の麻雀の師とも言っても過言ではない男。今回の決定戦は師弟対決といっても過言じゃないかもしれない。
ちなみに若々しい見た目をしているが年はすでに40、スキンケアをはじめとしたあらゆる美容をおこたらないアンチエイジングの鬼としても有名。
しかし時たま出てくるどうしようもない昭和世代の親父ギャグはその年齢を感じさせる。
大体の人は最初そのギャップに戸惑うらしい。僕はもう慣れたがw

●No4
・名前:坪川義昭
・デビュー:5期前期
・所属:B1リーグ
 ・主なキャリア:第16期 雀竜位戦3位
 ・その他:
彼については以前書いたこの記事も参考に。
http://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/03/7_20.html
2年連続の決定戦進出。
そして昨年同様に決勝メンバー中最長のキャリアを持つ彼、勝利にかける思いは強いだろう。(僕も正直に一番応援している)

去年も書いたが彼は協会屈指のドルオタである。
そして嫁の三添りんも旦那の影響で今やすっかりドルオタになっているのは有名。
んでちょっと前に彼と久々に酒を飲んだときに「推しグループの総選挙で夫婦共同購入した投票権(数十枚)をどのメンバーに何枚ずつ振り分けるか、で嫁と揉めた」という極めてどうでもいい話を聞かされた。
、、、平和な夫婦であるw

改めての展望。
去年のヨンスと同様、今年は吉田航平の情報がほとんどない。彼の存在が一つのポイントになるのは間違いないだろう。
実際に去年の決勝が好勝負になった要因はヨンスの高いスキルだったとも個人的には思う。
去年は坪川が決勝初進出だった懸念もあったが今年はそれもない。
やはりどのような決勝になるかのキーは彼が握る部分が大きい。

高打点思考の江崎、
その師ともいえる矢島も無論高打点派というべきスタイル、
結構派手な殴り合いになりそうな感はある。
坪川は比較的バランス派、そこに吉田がどのようなスタイルで参戦するかで戦況も変わる部分が出るだろう。

さてどのような決勝になるのか。
2/2(土)
2/9(土)
2/17(日)
にてスリアロチャンネルで放送されるので是非是非ご視聴ください!