follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月24日金曜日

「努力を続けてればいつか勝てる」というのは間違いだが、それでも続けているわけで

第42期最高位決定戦は村上淳さんの三度目の戴冠という形で決着した。
まあ正直に18回戦でもはや決着はついたかのような内容であったので、
19回戦、20回戦はまだ見ていないのだが、
おそらくは村上さんらしい緻密で安定した試合運びだったに違いない。
改めておめでとうございます。

https://twitter.com/saikouisen/status/933643256566489088

さて、
競技麻雀の「G1タイトル」「ビッグタイトル」の定義というのもあいまいといえばあいまいだが、
村上さんが2010年以降に獲得しているビッグタイトル数は現役選手の中でおそらくNo1だろう。
最高位3回、最高位Classic2回、第8回日本オープン、という成績だけでもすごすぎる。

ただ一方で、
その村上さんをもってしても初タイトル獲得には13年の歳月を費やしているという事実もある。

初めてとったビッグタイトルである「第8期日本オープン」、
周りの人たちから見てもその当時すでにトップ選手として業界に長くその名を知られていた村上さんは文句なく優勝候補本命だったし、
その場にいた改めて多くの人が「実力を考えれば遅すぎる初タイトル」と感じたと思う。

本人からもその悲願達成の喜びは随所にあふれていたし、
僕も優勝スピーチを聞いてちょっと泣きそうになった。
でも優勝した本人よりも圧倒的に号泣している坂本正志を見てドン引きして踏みとどまったがw

http://npm2001.com/nihonopen/8-nop.html

13年は長いといえば長い。
でも一方でこの業界に、実力を高く評価されながらも無冠の選手が数多くいることも考えると、
「本当に長いのか?」と聞かれりゃ僕には良く解らない。

若手の子たちとかは村上さんみたいな超トップ選手を見て、
「自分もAリーグ行きたい」「自分もタイトル取りたい」と考えるのは自然な思考なのだが、
「一生かけても取れない方が普通」だという事は覚悟しなきゃならないという点はちょっとここに書いときたい。
「あの村上さんですら13年」と考えてみてほしいわけだ^^;
特に協会の若手は松本とか江崎あたりを見て勘違いすると痛い目に(ry

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって
継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。

将棋の羽生善治先生の名言
麻雀なんかにあてはめたら怒られるかもですがw
それでもまあやり続ける、それが競技なんでしょう。

しかし考えてみると、
村上さんは上記の2010年の初タイトルからの数年はすごい勢いでタイトルとり続けている。
そういえばRMUの阿部孝則さんも似たようにデビュー10年以上はタイトルに一切縁がなかったが、第2回日本オープン獲得後は鳳凰位3連覇を達成してたりする。
でも一方でRMUの河野高志さんみたいに、プロになる前からG1タイトル取って、プロになった後もとんとん拍子で昇級してタイトルを取り続ける人もいる。

「麻雀にガレナーがあるかはわからないが、競技選手の勝つ時期・負ける時期にはガレナーがある」
数年前に飲み会でふざけて言ったセリフなのだが、こうやって色々とみると案外ある!、、、のかもしれないw
タイトルっての結局は水物といえば水物なのだろう。
来年以降も村上さんのガレナーが続くんですかねえ^^

あっ、
ちなみに僕が村上さんの対局で一番感動したのは以下の記事にも書いた決勝です。まあ村上さん負けましたけどねw
興味のある方はどうぞ

http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/12/1-36.html

2017年11月22日水曜日

フリー麻雀での出来事 その3 高い手は安く見せ、安い手は高く見せる

38000点持ちのトップ目で迎えた東家南3局
2着目は北家で26000持ち
4巡目にして以下の形になった

一二二三三四六6發發北北中 ドラ一

マンズのホンイツに仕上げられれば決定打、
とかおもっていると北家が切る五
無論チー

一二二三三6發發北北中 五四六(チー) ドラ一

さてストレートに考えればここは6切りである。
相手への後々の危険度と、中を重ねた時の打点が12000確定となる点を考えて、だ。

だがここで考えたのは切り順についてだった。
自分の捨て牌はここまで「② ① 9 ⑧」

つまり他家三人からすると、
ここで6→中で切られると、もはやマンズの染め手濃厚な捨て牌となってくるが、
逆に中→6と切られると、クイタンの可能性等も残りホンイツとは見えにくい。
それを考えてあえて6を残すのも戦術である。

というわけで打中

一二二三三6發發北北 五四六(チー) ドラ一


6を引っ張れば引っ張るほど、相手から見てマンズ染め手の可能性は低く見える。
ベストは発ポンしての手出し6切り聴牌。マンズの警戒度をそれなりに下げられる。
「高い手は安く見えるように、かつ形を絞らせない」
「安い手は高く見えるように、形を絞らせる(こんな形だったら高いな、、と相手にイメージさせる)」

仕掛けの基本的な考えの1つ、まあ本当に基礎の基礎ですね。キリッ


んで、結果は

・直後の5巡目に北家が發切りリーチ
・ポンして6切ったら8000に放銃
でした




さ、先きりしておけば刺さらなかった(ーー;)

まあでも、4巡目だと個人的にはやっぱ6を一巡くらい引っ張りたいかな、この形は。
安全度より相手へのプレッシャーとして。

5巡目リーチとかめったにないし。
、、、今回あったけど。


戦略は攻撃と防御のバランス
手作りは打点とスピードのバランス
その細部にはさらに切り巡とか安全牌残しとか色々な要素もあるわけで、
結局手牌進行はそういった要素の「どれを取るか?」という考え方に基づく
結果は良い時も悪いときもある。

そんな事を思った一例でした。

「4巡目でこれがこんな悪い方向の結果になるとか相変わらず〇ソゲーだ」
とか全く思ってないんだからね!

(T_T)

2017年11月20日月曜日

「リベンジ」の誤用(人狼スリアロ村第63幕を振り返る)

※人狼スリアロ村第63幕3戦目のネタバレを含みます。


英単語のrevengeは「復讐」「仕返し」「恨みをはらす」「報復」というネガティブな意味なのだが、
何故か日本では、「再挑戦」「雪辱する」「借りを返す」といったポジティブな意味で使われたりする。

この言葉が世間で特に注目されたのは1999年、
当時、西武ライオンズに鳴物入りで入団したルーキー投手の松坂大輔が、
千葉ロッテマリーンズのエース黒木知宏と投げ合って敗北した際に「リベンジします」と宣言し、
その後同じく黒木と投げ合って勝利した熱き戦い、
これによりその「リベンジ」が流行語大賞に選ばれた事である。

僕も勝負の世界に片足の指先くらいを突っ込んでいる身として、
リベンジという思いを秘めている事象はいくつかある。

今までの競技人生で言えば、
10回以上僕の昇級を拒み続けたB2リーグの壁、
同じく10数回以上僕の決勝進出を拒み続けた準決勝の壁、
今年で言えば去年の雀竜位のリベンジとなる来月のB級、
そして今年のリベンジとなる来年のB1リーグ、
いくらでもある。


さてそんな中、
人狼スリアロ村について言えば大きく2つのリベンジ対象、言うなら壁が自分の中にはある。

僕が偽占いでCOしようが偽霊媒でCOしようが一切信用しない「白田みおの壁」
そして、本物霊媒でCOしようが偽物霊媒でCOしようが問答無用で初日結果を言えずに殺される「霊媒の壁」である。

昨日のスリアロ村3戦目の事だった。

僕が引いたカードは狂人、
人狼の3人をサポートしつつ、あわよくば自分自身が彼らの身代わりとなる従者のポジションである。

ちなみにこ直前の2戦目にて人狼を引いて偽占いCOをした結果、
将棋女流棋士の山口さんとの勝てるわけもない信頼勝負にて初日吊りされた僕は、
「今度は霊媒で出よう」
そう考えていた。

初日は特にCOせず、突入した2日目。(噛まれなかったことにほっと一息)
とりあえず霊だと名乗り出たら、占いCOをしていたケルヴィンが「武中進を占ったら人間でした」と言ってきた。

「いける」

一人しか名乗り出てない占いから人間である事が村に告げられる、
これはかなり大きな後押しである。

堂々と初日の霊結果(もちろん嘘)を言う。
これでとりあえず自分の一つの壁を超えた。

対抗の霊媒に原さんが出てきたが関係ない。
僕は少なくとも村目線では原さんよりは後回しに処刑するべきポジだ。

でも狂人として「念のために霊ロラをしたい。原さん処刑しましょう。」と主張しておく
狂人である自分からは人狼(ご主人様)はわからない。占い結果が出ていない人たち(グレー)を処刑対象にするとうっかりご主人を殺すことがある。
これは当然の策だ。

が、思ったよりもみんなグレーに行きたがった結果、
はなうさとかいう胡散臭い奴が処刑される。
「人狼じゃないだろうな・・・」
とかびくびくしながらも、
翌日に対抗霊媒の原さんが「はなうさは人間だった」と言っていてほっと一息。

そして翌日は占い師のケルが「瑞原さんを占ったら人狼だった」と発言。
ご主人だったか、、、
でもここでケルに歯向かうのは村人に疑われるしやむをえない。
大丈夫、瑞原さんがいなくなってもまだご主人は2人生きてる!勝てる!
心の中で謝りながら瑞原さんに投票。

対抗の原さんはなぜか僕に入れるとかよくわからん事している。
(なんだそりゃ、随分ぶれてるな。これなら明日原さんを処刑できそうだ。)
とか考えた。

なにより僕には”ケルヴィンの占い結果”という強い武器もある。
そして翌日、そんな僕の言葉通りに場は進行し、原さんは処刑される事になる。

「自信が確信に変わりました」

冒頭の松坂大輔のもう一つの名言。
入団会見時に「イチローさんを力でねじ伏せたい」と誓った18歳、
当時すでに5年連続首位打者として球界トップに君臨していた天才打者に対する挑戦、
その初対決にて3打席連続3振に相手を切って取って勝利投手となった後の言葉である。

今までさんざん初日結果を言えずに封殺された中それをはねのけ、
そして霊としての信頼度を勝ち取って狼陣営を勝利に導いている今の状態に、
まさにそんな高揚感を覚えていた。

そして夜のターンに行く直前だった、

GMのとよぴーが随分ともったいぶる。
(どっちの霊が本物でも終わらないんだし、はよ行こうや・・・・)
とか思っていたら、
「村の勝利です!」





一瞬何が起きたかわからず、
でもちょっと考えると真の霊媒はとっくに死んでて(初日に噛まれた谷)、
僕はご主人様である原さんとずっと殴り合っていたという点を把握する。
どうりで原さんの歯切れが悪かったわけだ(--;)


というわけで、
超えたかと思っていた霊媒の壁を実は全く超えていなかった、そんな僕の奮闘でありました。
、、、いや初日結果は言えたから、一応壁は超えたのか(ーー;)

そんなスリアロ村第63幕、
改めてご視聴いただいた方々ありがとうございます!
まだの方はTSを是非に!

久々に人狼日記書いてみた、
今後もネタがありゃもっと書きたいな。
スリアロ村の奴らの暴露話でも書こうかな・・・・

http://live.nicovideo.jp/watch/lv308494159
https://freshlive.tv/jinrou-ch/168379