follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月19日木曜日

麻雀漫画について書いてみる⑭ 幻刻の門 新撰組70’s

今日紹介するのは「幻刻(とき)の門 新撰組70’s 」
近代麻雀にて連載されていた、まあ比較的マイナー作品でしょうか。



2008年、主人公津田ナオトは麻雀で6連勝した後、負かした男から鉄パイプで殴られ意識不明となった。
そして目覚めた時、彼はなぜか昭和43年にタイムスリップしていたのである。
書籍等で知るだけの存在だった阿佐田哲也や若き日の小島武夫と出会い戸惑う中、ナオトの知る2000年代の理論と打ち筋に阿佐田は驚愕し、麻雀新撰組を結成して彼を招き入れる。
そして自分が知っていた史実に巻き込まれる立場となった事にナオトは喜びながらもその中で様々な苦悩を味わっていく・・・

第2話まで読んだときは「面白い作品が久々に出てきたかも」と感じました。
ナオトはいうなら江戸時代にタイムスリップした医者「JIN」に近いテイストで書かれており、
阿佐田・小島の戦術観、
理論だてされていない当時の戦術観、
巷の打ち手のレベルの低さ、
ナオトの知る2000年代の研究された思考や戦術をベースにこれらに対して革新的な戦術や打風を提供していき、阿佐田も含めた様々な人々に認められていきます。

こういったナオトの視点を軸に書かれた「現代戦術と70年代の戦術の比較」「考え方のギャップ」「改めての現代戦術の合理性についての説明」もされており、
彼の時代に対する葛藤等も含めた様々な描写も面白い作品です。


2巻の途中までは^^;

これがどうも2巻後半で旅打ちに出るあたりから雲行きが変わります^^;
ナオトの戦術観がぶれ出し、色々な試行錯誤をする中で、「俺の打ち方は実は通用しないんじゃ?」という考えに向いはじめ、
ついに「理論だけじゃ勝てない。感性だ。」という方向に彼が走り始めると連載がパワーダウン。

人気も落ちたのか単行本も2巻、物語の途中までしか出ずに終了してます(近代麻雀上ではちゃんと完結)

リアルタイムで見てた当初も「すごい面白いけど、これどうやって終結させるんだろ」と思った予感が、嫌な方向に働いた作品でした^^;
うーん序盤が本当におもしろかっただけに非常に残念。

そしてもう一つ、
今読み返すと2008年当時の「好形・スピード重視」のトレンドが結構色濃く出てる作品とも見えますね。
その典型が2話目のナオトのこのシーン。

3478⑧⑧⑨七八九白白 ドラ4
ここから9をチー。

・・・まあやりたい趣旨はよくわかる。
あがりトップとか2000点が超偉い局面ならありだろう。
けどフラットな東場でどうかとなると、さすがに2018年現在のマジョリティは「鳴かない」じゃないでしょうか。
十分に好形・高得点が見込めるこの形をわざわざ速攻にしちゃうのはなあ^^;
と、改めて読み返すと2008年と2018年のトレンド比較にもなる作品かもしれないですね。


ただこの第2話、
小島がリーチ一点読みをしようとするのに対して「わからない」とナオトが堂々と言う姿などなど、
彼の麻雀への高い見識が随所にうかがえる回で、その後のストーリーの骨子にもなってます。
上述の通り後半は残念な作品ですが、逆に言えば1巻はマジでお勧めです。
興味がある方はぜひ^^

2018年4月17日火曜日

ドラゴン桜について、と思いきや麻雀だの人狼だの4/21,22の名古屋スリアロ村についての記事

漫画好きの僕がこよなく愛する作品の一つに三田紀房先生の「ドラゴン桜」がある。



落ちこぼれ高校「私立龍山高等学校」を救うため、 弁護士の桜木が教師となり同校を超進学校化すべく、偏差値底辺の生徒たちを東大合格へと導く「受験」を描いた作品、

さまざまな受験テクニックや勉強法、
それを通した「考え方」の説明、
さらに桜木は物語冒頭に大勢の生徒たちを前にして「世の中のルールは頭のいいやつに都合のいいように作られており、勉強をしないやつはそれに騙されつづける」と現実社会のシステムについて言及するなど、
実社会の様々な本質をついた名作である。

さてその中でも名エピソードとしてして知られるのが、
英語教師の川口洋が「日本人の英語に対するコンプレックス」「日本の英語教育の問題点」について語っている点。
ちょっと概要をちょっと内容を紹介しつつ、僕の経験談についても書きたい。


① 日本人の英語に対するコンプレックスについて
日本人はとにかく英語に完璧主義すぎる。
英語圏外でこんなに英語に抵抗なく触れている国民は世界でも珍しいのに、とにかく英語に完璧さを求め大体の人は「喋れない」と主張する。

僕は昔仕事で中国向けのシステム開発をした事がある。
でそれを現地ユーザーに公開し、まず最初に受けた変更要望が「この画面の英語の意味が解らないから中国語にしてくれ」という物だった。
指摘箇所を見てみると「Date/Time」そして「Total」の二か所。
「こんなの別に普通に使う英単語じゃん。何が問題なんだ・・・」
と凄い驚いた事を覚えている。
だがその後に徐々に要望を聞いていくと「Login」「Help」、もう出るわ出るわ^^;
しかも複数ユーザーから同様の問い合わせが次々とである。

この事実に会ったときに冒頭のドラゴン桜のエピソードを思い出し「日本人って結構英語を自然と使ってるんだな・・・」と思ったわけである。
10年以上前の話だし、僕の扱ったユーザーがたまたま特殊だった可能性もあるがw

まあ作中で川口先生が言っている「日本人はもっと自信をもって”英語は自分の第二言語です”と言っていい」という点は僕もこの実経験上賛成なわけだ。

そして今回特に主張したいのが二つ目

② 日本の英語教育の問題点
日本の英語教育は丘で泳ぎのフォームをひたすら練習している様なもの。英語を上達したければまず水に飛び込んでなんでもいいから泳ぐこと。






実際に海外旅行とか行くと、
丘の上で培った日本人の英語能力がいかに役に立たないかを感じる人は結構多い。
読み書きは問題ないのだが喋る力「スピーキング」のところが特にである。

英語についての学力知識は低くとも、
海外旅行経験豊富なおかげで最低限のスピーキング能力にたけてる人、というのもいる。
本当に物事をこなす力というのは「訳が分からない状態であっても積極的にならざるを得ない環境を作ってみる」これが実は何事でも一番効果的だったりする。
飛び込んだ結果「もっと色々と知りたい」という学習意欲につながるケースも多いのだ。
最初から丘で練習し続けるのはむしろその事象の面白さを肌で感じる事が出来ない行為でもある。


さて改めて、
これは麻雀にも同様である。

一見すると「役」「点数計算」「作法」と、やたらめったら覚えることが多い。
「非常に難しいゲーム」という印象を覚える人もいるかもしれない。
・・・・が、このゲームを最低限を理解する(ツモって、切って、和了を目指す)程度であれば、
5~10分あれば大丈夫である。

いまはネット麻雀という媒体もあるし、初心者向け麻雀教室やイベントもある。
もしも「麻雀やってみたいかも」という人がいたとしたら、
まずは飛び込んでみてほしい、というのが僕の意見である^^
特に「最低限は解ったけどやる機会があんまりない」という人、
どんどん色々な初心者向けイベントに出てみてほしい、という思いは強い。
※なんなら当方のツイッターに問い合わせいただければ初心者向けイベントとか紹介しますので^^
実際に人を相手にこのゲームをやってみて、生でその楽しさを体感してみてほしい、そして好きになってくれればうれしい、偽らざる本音である。

そして人狼ゲームも同じこと。
我々が定期的にやってる「スリアロ村」を見て、もしも興味をもってる人がいるとしたら、
どんどん色々なイベントに参加して自分でも体感をしてもっと色々と楽しんでほしい、というのは思うところである。

アナログゲーム、対人ゲームの面白さというのはやはり見ているだけじゃ伝わらない。
肌で感じてほしい、その最初の一歩に躊躇する気持ちはわかるが、
「まず深く考えずに水に飛び込む」というのをお勧めしたいわけである。
いきなりきれいなフォームで泳ぐのを目指して「丘で練習してから」と考えてる人がいるならなおさらである。


そして最後にちょっと宣伝を(というか今日の本題w

そんな初心者の方も歓迎の「初心者村」もあるスリアロ村の出張イベント、「名古屋スリアロ村」がいよいよ4/21(土)、4/22(日)に名古屋で開催されます。

初心者村は4/21(土)の午前に開催予定、
まだ空きがいくつかあるとの事で、今回記事で書いたような方のご参加を是非お待ちしております!

なんせスリアロ勢が6人も東京外に呼ばれるイベントは初なわけで(というか当方そもそも東京以外の人狼ゲストに呼ばれたのが初^^;)
是非とも満席にしたいな~と一同思っている次第です。
初心者村の参加者の方には特典もあるかもです。

満席にしていただければ次もあると思うので、
まだ躊躇していらっしゃる方がいれば、ぽっちとして頂ければ幸いですm(_ _)m
エントリーはこちら
https://www.jinrou-pj.com/nagoyasuriaro


しかし名古屋何年ぶりだろう。
昔は年に数回言ってたんですよ。サンシャイン栄に。ライブを見に。
何もかも懐かしい。
久々に味噌カツとかエビフライとか色々と食べたいな。

いよいよ今週末!既にエントリーしている皆様、よろしくお願いいたします!

2018年4月16日月曜日

麻雀漫画について書いてみる⑬ 幻に賭けろ


今日紹介するのは嶺岸信明先生の90年代の名作「幻に賭けろ」。
嶺岸先生といえば超長期連載の「天牌」のイメージが強いですが、他にも多くの名作を作ってます。
ちなみに麻雀漫画の単行本刊行数日本一の漫画家がこの嶺岸先生です!



親の預金100万円を勝手にひきだしてやくざの経営する雀荘に勝負にむかった正真正銘のクズ男、三島麻紀男。
だがその勝負にてたまたま出会った麻雀プロの頂点に立つ男、雀聖・藤峰昴に完敗する。
やがてその打倒の為に彼は麻雀プロの世界に飛びこみ、様々な人と出会い成長をしながらもついにAリーグにて藤峰との戦いを実現させる事となるのだが・・・・
幻かもしれない、でもそんなはるかな夢を追い続けるから生きてゆく、男たちの戦いを描いた作品。


主人公の三島そして最強の打ち手藤峰、この二人が物語の中心だが、
やはりそれを一番際立たせているのは二人に次ぐライバル役の小沢と今井、そして彼らの実力を見事に表現している丁寧なつくりの闘牌シーンだろう。

小沢は場の高い色・安い色・相手の動向を見極めて鳴きを多用し場を支配する「手麻雀」の名手、
見事な仕掛けを作中でも何度も披露している。

一方今井は「浮かせ打ち」をベースにした面前順子手の名手、
例えば以下の形
三三六七八九⑦⑧446789 

ここから三打ち、そして以下のテンパイ
二三七八九⑦⑧⑨44789

三を浮かせる事で678と789の両方を睨み⑥⑨だけでなくすべての受け入れを想定した見事な一打。

彼ら二人の強さを際立たせる見事な描写は原作者である土井泰昭さんの手腕を表しているともいえる。

ノーマーク爆牌党と同じく麻雀をよく知っている人でないとわからない面白さの面は多いが、そのクオリティは多くの麻雀プロの折り紙付きの作品。

特に麻雀漫画史にも残る名シーンの一つと呼ばれる最終話、
ついに三島が藤峰をとらえ優勝をあと一歩のところまで引き寄せた最終局の戦いは必見。


藤峰の条件は三島との5700点差を捲る事。(8000以上のロン、1300-2600ツモ、3200以上直撃)

そしてその中で訪れた以下の聴牌
①②③④⑤⑥⑥⑥⑨⑨ 中中中(ポン)

③か⑨ツモなら逆転、直撃ならどれでもOK。
だが親番の小沢も懸命に連荘を目指す中で二枚目の⑨が場に切られる。
この厳しい状況で藤峰の決断は「ポン」

①②③④⑤⑥⑥⑥ ⑨⑨⑨(ポン) 中中中(ポン)

そして和了形からの打⑤

①②③④⑥⑥⑥ ⑨⑨⑨(ポン) 中中中(ポン)

覚悟のフリテン①④⑤待ち。
①を切れば5面待ち、しかしこっちならどれをツモでも1300-2600。
「雀聖が、天命を待った」と描かれた名シーン
そして三島も同時に聴牌をいれる。
越えたくても越えられなかった雀聖をあと一歩まで追い詰めた瞬間、
繰りひろげられる運命のめくりあい、
そして・・・・

気になる方は原作をご覧くださいw


そのほか多数の素晴らしい闘牌シーン以外にも、麻雀の細かいロジカルな部分についての説明も多い作品でひょっとしたら勉強になる点も多いかも。

ただ昔の作品だけに、「今となっては無理がある」というシーンがあるのも事実^^;
その典型例が1巻のこのシーン。

このシーンに至る前話にて、
「ペンチャンを八九で落とした時、九八と落とした時のそれぞれの読み方」ってシーンがあるんですね。
そしてその講釈内容うけた三島が、まさにその内容をもとに相手を挑発するシーンなんですが・・・

読めるかっw
が今の麻雀打ちのマジョリティ思考でしょう。
必死で読もうとする今井の姿が今となっては涙を誘う^^;