follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月21日月曜日

麻雀プロの収入についてのお話

前回、
書いた記事
なんとクリック率がいつもの記事の10倍くらいあった・・・・
皆いつもこれくらいやって!!w
んでせっかくなので同様の効果を期待してもうちょっとだけ前回の続きを^^;
https://susumutakenaka.blogspot.jp/2018/05/blog-post_18.html

長年麻雀プロやってきてね、
やっぱ収入ってほとんど作れないのが実情です。

例えば僕、
客観的に自分を見れば
「日本プロ麻雀協会」って団体の中で知名度って点で、
多分だけど上位15~20%前後くらいには入ってもおかしくないかな~と思うわけです。
多分w

選手としてバリバリに第一線で活躍してきたわけではないけど、
そんなに日も当たらない生活をしてきたわけでもない。
それなりに名前を知ってもらう機会には恵まれてきた方なわけで。

ただそんな僕でも、
「麻雀プロとしての仕事」として受けた収入って本当に微々たるものです。
解説とか賞金とか運営とかで色々とはあったけど、
それでも10年以上の年会費合計、大会参加費、交通費あたりをトータルすれば、
赤字だと思われます。
ましてやこれだけの「時間」をつかってるわけで、金額面で言えばとてもつり合いなんて取れてない^^;

そして僕よりも有名なレベルになってもこの現状が劇的に変わるかと言われればそれもNOです。
この世界にこれから飛び込む予定の人がいるなら、この点はちゃんと認識しておいたほうが良い。
「言ってもトップの何割かは食べていけるんでしょ?」
のこの何割って奴が、おそらく世間の想像よりはるかに少ないです。
「何割」ってパーセンテージよりも「何人」って数字の方で言えてしまうかもですね。

それでも好きだから続けている一方、
「好き」ってだけじゃ限界があるのも事実なんですね。


例えば協会は創設して17年目ですが、
過去に「雀王を陥落した瞬間にリーグ戦を引退した選手」が二人います。
※ここからの選手名は敬称略

一人は今でもプロとしては現役「小倉孝」、
もう一人は第3期雀王の「尾崎嘉紀」、
尾崎さんが優勝した第3期最終戦は、ほぼ優勝決定していた崎見さんからの24000直撃での大逆転という壮絶な死闘でしたね。そういえば。
他にも現役Aリーガーのままの引退した選手が協会は数人いるし、
他団体でも最高位戦だったら「尾崎公太」、「佐藤崇」(最近になって現役復帰!)、
現役Aリーガーがいきなり引退するとか、
将棋とかだったら考えられない話なんでしょう。
これはやっぱり「好きだじゃ限界がある」って現実をつきつけられる話の一例かと。

この10数年、
業界の収入事情はまだまだ厳しい一方で、
業界全体の「お金」に対する考え方は大きく改善したと思います。
そもそも昔は「ギャラなんて無いのが当たり前」って考えをする人もいた位でした。
大会運営を頼まれてヘトヘトになって結局ノーギャラ、そんな事もありましたね^^;

今はノーギャラの仕事自体減ったし、たとえノーギャラでもちゃんと断りが入る。(当たり前の事、だけどこれは大きな意識改革)
これはスリアロさんあたりの意識が高いのも業界に良い影響を与えた部分だと思います。

でもやはり根底は「食べれない業界」であり、
それを動かしてるのは多くの人の「善意」なんです。
たとえば多くのニコニコ生放送番組、善意無しじゃできないものでしょう。

そこについて貪欲にお金を作ろうとする姿勢、
特にお金を作るシステムを作る姿勢、
僕は結構そういう姿を見ると応援したくなる派ですね。

まあ締めとして、
近いうちに、もしも僕と似た事やろうとしてる人が出てきたら、
この記事読んだ人はその人のブログでも応援するつもりでちょっとだけ指先動かす事をしてあげてくださいw
僕のブログでも変わらずご協力を・・・
ぶっちゃけ前回記事と同じくらいの状態が今後も続くと凄く助かるのでw

あ、今回の記事、
以前に「麻雀プロの引退」ってのについて書いた記事と結構かぶる部分もあるので、
興味ある人はそれも是非に。

https://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/01/1_25.html
https://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/01/2.html

2018年5月18日金曜日

ブログを書き続けてる事についてのちょっとした愚痴日記

この業界にも結構僕のブログを読んでくれている人は多くて、
そういった関係者各位に一番言われるのが
「よく毎週飽きもせずにあれだけの文章量を定期的に投下できるね」
なんですよね。

まあ確かに、自分でいうのもなんだけど、
この一年半くらいで投下した投稿数、
それよりも文字数、
麻雀プロのランキング作ったら1位じゃなかろうかと^^;

ただ、
なんでこんなに書いてるか、書けるか、
この理由は「収入としての安定化ができないか模索してる為」この一点なんですね。
ちょっとそこらへんについての本音を書ける範囲の業態の実態含めて今日は書こうかと。

唐突ですが麻雀業界にはお金がありませんw
これは多分世間一般の方の想像以上にないと思う。
だから麻雀プロは食えない資格なんです。

ちょっと前に以下の記事でも触れた事についてもう一度改めて
https://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/06/blog-post_26.html

個人的には不本意ですが、
麻雀をギャンブルにくくったとしましょう。
そして他の有名ギャンブル業界、
パチンコ・競馬・競艇 etc
これらと比べた場合、麻雀業界に入るお金は恐ろしいほど少ないのが事実です。

理由として他ギャンブルは客が賭けたお金を業界が元締めとして管理し、
当選した人間にバックするシステムをとっている、
つまりこの時に倍率を操作してそこから利益を得ているいわば客vs店の戦い、
業界自体がギャンブルの胴元をしているので、その巨額の掛け金から利益を取れるシステムを構築しているからです。

一方でオンレート雀荘はどうかと言えば、
賭けているのはあくまでお客さん同士、
ようするに店はそこでどんな巨額が動こうと場代をもらうのみ。

この「店にお金が入るシステムの違い」を見れば、
他ギャンブルと比べていかに店側しいては業界にお金が無いかが明白かと思われます。
人件費や設備投資費だって麻雀はけして安くない。

さて一方で麻雀を知的ゲームとしてくくったとしましょう。
こうしてみると将棋や囲碁のような大型スポンサーがいないのが実態、
そもそもこの両者(特に将棋)は数ある頭脳スポーツの中でも異例ともいえる好待遇であり、比べるのもちょっとまずいまでありますが^^;

これは両ゲームが数百年の長い歴史と先人の力で得た頑丈な基盤により、
文化財として保護されている側面が強いといえます。

これをするには麻雀は歴史が足りないし、
ゲーム性だって薄い面が多いし、
何より上記の通りギャンブルとして扱われている社会的イメージにより企業の支援が厳しい点もある。

近年サイバーエージェントさんをはじめとした企業が麻雀に興味を持ってくれているおかげで環境も変わってきてますが、それでもまだまだ厳しい。


結局のところ麻雀は、
・ギャンブルとして扱うにはハウス側にうまみが少ない
・文化財としては扱うには色々と障壁が多い
そんな帯に短くタスキに長い代物になっているんです。

まあそこを改善するための活動こそ、今のプロ団体に課せられた使命ともいえますが。
結局今この業界がどう成り立っているか、
雀荘ではなくプロ業界にスポットを浴びせてみれば
① 個人のお客さんからの出費(イベント参加費 等)
② 会員からの年会費・参加費
③ スポンサー費用(わずかながら)
が主なわけです。
とても厳しい。

僕がブログ初めてみたきっかけはやっぱ上記以外の所から、特に個人が麻雀プロって力を使ってお金を作り出すすべがないかと考えてみた上での模索なわけです。

たとえばもしも
「個人的な趣味という理由だけでブログを書きたい」と考えた人がいた場合、
この日本ではおそらくAmebaBlog以外の選択肢は必要ないとすら個人的には思ってますw

アメブロは本当にすごい。
アメブロ内のランキング、
様々な読者サービス、
文章作成時の操作性、
どれをとっても至れり尽くせりで文句がつけようがない。
オフィシャルブログって制度もある。
日本で一番のブログサービスは文句なくここでしょう。

僕がここを選ばなかった理由は一点で、
使えるアフィリエイトサービスが限られる(amazon・楽天のみ)、
これだけ。

日本でユーザーが非常に少ないgoogleのブログを使ったのは、
クリック型広告でもぶち抜けて報酬が高いGoogleAdsenseが使えるから、
これだけです。

操作性も集客性もアメブロに比べたら全然低い。
でもこれを選んだ。

常日頃から書いてる時も、
お金にできなきゃ続ける意味がないと思ってるし、
その為にどうしたらアクセス増やせるかって考えるわけですね。

結局自分の中の「麻雀プロ」って力を少しでもお金に変換する方法を模索して、
それがうまくいけばその方法をもっと業界内で浸透させたい、とか色々と考えるわけで。

実際に世の中そんな甘くないです^^;
まあ僕よりもっと知名度あるプロが僕位に定期で文章書けばひょっとしたらまあまあの収入になるのかもですけど、
知名度が決定的にもっと必要だなー、、、と思う今日この頃。

このままの横ばいが続けばそのうちにもう「かけてる時間・労力に見合わない」って考えて更新頻度は落とすでしょう。いや本当に。
それが結果なので仕方ないですが。


ただねー、、、、
正直に
「いつも読んでる。でも広告は絶対クリックしないように注意してる」
この手の発言を僕に面と向かってするのだけは本当に勘弁していただきたいのが本音です^^;

だったら
「クソつまらないから一切読んでない」
と言われた方が100倍マシ。
本当にw

いや別に「読んだら必ず押せ」とは思ってなしい、
読んでくれるだけでもありがたいのは事実ですよ^^;
ツイッターをRTとかしてくる方々には本当に感謝しかないし。
たださすがに上記のセリフを面と向かって言われるのはちょっと、、、、、と言いたいだけ^^;

自分が頻繁に文章書くようになって、
それをちょっとでも収入につなげたいと思うようになって、
最近クリエイター系の人が良く言ってる
「現代人は娯楽に対して対価を払うという意識が低すぎる」とか
「製作者に対して”面白いと思うけど買った事ないです”というのは冒涜」とか、
この気持ちがちょっとだけ解りました。
いや僕みたいな片手間程度の人間が言っても説得力0かもですけど^^;

いっそ試しに有料にしてみたいですけどね。
でもそれじゃあブログの意味が無いと思ってるのも事実で。

ついでに言えば「お金がほしけりゃ他の方法考えなよ」って意見についても、
「麻雀プロって力をつかった方法じゃないとあまり意味を感じない」って点が強くて。
だって別にお金に困ってるわけじゃないし、通常の資産運用なら別にやってるし。

ちょっと先日久々に面と向かって上記のセリフを言われて書いてみた愚痴日記でしたw
いつかそのうちに、ブログ広告設定のやりかたとかそこに至って出た問題点とかも記事にしてみようと思ってるんですよね。
その日まで僕の書き手としてのモチベが続いてほしいと思う人は今後も定期的にご協力して頂ければw

2018年5月16日水曜日

勝ってる時に歯を食いしばる難しさ

ちょっと前にツイッターでこんなアンケートをとった

①会社から報酬を貰える事になりました。
今貰えば100万ですが、しばらく待つと増えるor減る可能性があるとの事です。
②会社に罰金を払う事になりました。
今払えば100万ですが、しばらく待つと増えるor減る可能性があるとの事です。
さて貴方はそれぞれどう対応しますか?

https://twitter.com/s_takenaka0821/status/991872049176952832


まあ
会社が社員に罰金請求したらそもそも労働法違反とか、
結局はトータルでの損得を計算してどっちかを決めるべき、
ってのが正解っちゃ正解ですが今回調べたかったのは、この設問をぱっと見た時の人間の心理動向

んで結果はリンク先をご参照なのだが、
ここで一番「想定どおり」と思ったのが、
①の”受け取り”について、9割弱の人間が「即」を選んでいる点である。

ここから改めて主張したのが、
人間の動かしがたい深層心理の一つに「目の前にある利を確定させたい」という意識がある点、
それにより人間は勝負事をやるときに「勝ちたい」ではなく、「負けたくない」という願望が強く働くケースが多い点である。

そしてこれが
「リードしているときは早々の撤退」
「負けているときは粘る」
という行動を引き起こすことになりがちになる、
この点は行動心理学でも語られてたりするし、無論麻雀でもそれはいえる。

ある程度麻雀のロジックを覚えた中級者レベルを前提に考えてみると、
負けてる時にあっさりとアガラスをする人、
思い切った戦法でラス抜けを目指す人(トップ争いを邪魔しちゃいけないという謎の美学を持つ人もいるが)、
この点は結構人により分かれる。

ところがこの両者とも、
リードを作ってトップ目に経つと、その後はリードの遵守のみを考える人が両タイプにおいても大半を締めたりする。
そこだけは一様に足並みをあわせる不思議な傾向が結構ある。

いわば負けるときは各自の方法で歯を食いしばってその挽回もしくはリスクヘッジをするが勝ってるときは一様に利確に徹するのである。



が、
これはやはり麻雀のゲーム性を把握しきれていない=トータルで観ると非常に不味い戦法である。

回数無制限のフリー雀荘であれば、勝ちというのは結局負けたときへの貯蓄である、という側面がある。
一方でタイトル戦などであればトータル通過を考えると一回のトップから先の事も考えて、そこからの加点についての言及が物凄い重要になる。(特にワンデー大会)

言うなら熟練者というのはその点を熟知し、
勝っている時も負けている時も自分のルールに則り常にリスクとリターンを考慮して歯を食いしばってる人、とでも言うべきか。

負けてる時に歯を食いしばるのは誰でも出来る。既に苦しいわけだから。
ただ楽な時に歯を食いしばり、必要なリスクも読み取って勝負する、
これは上述のような「トータル勝負」「目標の達成」という意識とそれを達成する技術を持って始めてできる。
そしてこれこそが上級者と中級者の境目の一つ


と先月の麒麟児のこのシーンを読んで思った、
そんなお話でした^^

麒麟児やっぱ面白い。
いまの近代麻雀で読んでるの一八先生とこれ位。