follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月16日火曜日

全ての点で敗北していたリーチ (2019 チャンピオンロード雀竜位シリーズ)

昨日、チャンピオンロード雀竜位シリーズのゲストでした。
もはやとったのは4年以上前、
「そろそろとった事忘れさられてるんじゃ・・・」
とか毎年ヒヤヒヤしながらも、
ちらっと横を見ると福田聡パイセンや斎藤俊パイセンもいる。

福田さんがとった第7期とか、
福田vs小倉の白熱した第4期とか、
覚えてる人どれ位いるんだろうか。。。。

「年一回のゲストだから恥ずかしくない程度の成績にしたい」
とか思いつつ卓につく。

1回戦東1局西家にていきなりダブリーがはいる。
数巡後に出あがり裏が乗って5200
一二三七九123678西西 ロン 八 ドラ ④ 裏ドラ 八

「やばい。今日俺の日かも。」
とか思ってたのだが、
その後はほとんど和了できず。
3回戦がおわって3-2-4、
 

デカトップしかない感じの4回戦。
東場で12000をあがり4万点程度でトップ目に。
ここから普通の半荘だったらある程度は流しにかかるが、
ここは7万点以上のトップは必須の状況。
無論さらに叩かねばならない。

南1局は速攻でしかけて6巡目にテンパイ。
三四五1179 白白白(ポン) ①①①(ポン) ドラ 九

が、無論まだ叩きたい。
出てきた1もポン
三四五9 111(ポン) 白白白(ポン) ①①①(ポン) ドラ 九

高打点を目指して、
ドラタンキが一番手っ取り早いがもう一つの狙い目もある。
数巡後だった。
三三四四 111(ポン) 白白白(ポン) ①①①(ポン) ドラ 九


その直後
対面「リーチ」
上家「リーチ」
(´・ω・`)
逃げない。
というか逃げようがない。

結果上家が一発自摸。
そして次の曲も上家一発自摸。
ドラがいっぱいの4000-8000で一気に捲られ2万点弱のリードを許す。
 

が、無論まだあきらめない。
次局、好配牌にツモと判断がうまくかみ合って5巡目にてこんな感じの聴牌。
一二三九九①②③13789 ドラ ①
ダマにしてるような局面ではない。
「リーチ」
すると直後に下家ツモ切りしておっかけリーチしてくる。
ニヤリ・・・・


だが数巡後に僕がつかんだ8にロンの声
1222334567789 ロン 8 ドラ ① ※裏ドラとか忘れたわ。そんな物

何一つ勝てる要素無しのメンチンリーチにあっさりぶっ殺されました。
中国麻雀で5でツモ和了とか一色四歩高に清一色でクソ高いな。。。
まあ日本麻雀でもクソ高いけど
とかいう極めてどうでもいい事を考えていた。

終わった後に数人でお酒の席、
あとから合流した五十嵐代表
「お前116人中106位だったぞ」
モウシワケアリマセン・・・・
決勝は協会員卓だったらしい。
協会員強いな(俺以外)

しかし赤ナシのツモ倍リーチ打って、確定倍満に追っかけられるとか中々あるもんじゃないな。
まあ競技麻雀長く見てると、
● 子供が1副露の大三元・字一色聴牌
● 親が「ツモ」と宣言
● (ああ安手で蹴られたか・・・)とか思ったら「16000オール」との発声
● 牌姿見たら四暗刻
なんて事もあったが(遠い昔の最高位決定戦)

来年こそはリベンジをと思いつつ、
「あんなすさまじいメンチンに放銃したのがリーグ戦じゃなくてよかった」
と思ったのはここだけの話なのでした。
 

改めましてご参加いただいた皆様ありがとうございました!
今年度のチャンピオンロード、次回は8月12日の新人王戦シリーズです。
ぜひともご参加お待ちしています。(僕はちょっと出れそうにないですが^^;)
http://npm2001.com/champion_road/10_champion_road_index.html

2019年7月10日水曜日

第2回Mリーグドラフトを見て改めて思う本音

日本プロ麻雀協会が発足して今期で18年目。
順風満帆でこの18年を駆け抜けたかと言えば、勿論否である。
僕が在籍している中で、この団体が危機を迎えた時もあった。

一番暗黒期だったのは前代表の運営末期である4期頃、
この時期、協会は大きな赤字から運営の色々な機能は停滞しギャラ未払いやそれら問題による
有力選手の離脱もあり大きく傾いた。

ここから現代表へと運営がバトンタッチした中でなんとか団体は存続、
6期頃に色々な点で盛り返す。
成瀬朱美をはじめとした良い人材が数名加入し、
団体運営も安定しはじめた時期だ。

思えばこの4期~6期頃、
危機を迎えた協会の我々下っ端が考えた事はただ一つ、
「麻雀だけは他団体に負けない力を身に付けよう」
これだけである。

当時の協会の麻雀の質に対する対外評価は酷い物だった。
まあ元々が最高位戦のB2リーグ以下から選手を大量に引き抜いて作り上げた団体だった点、
ここまでの規模の団体がいきなり麻雀界に増設されたのが初だった点(μは小数精鋭の色が強かった)、
「麻雀プロの質を下げている寄せ集め団体」というレッテルで何回も罵倒された中、
連盟・最高位戦と張り合うための実力を皆で磨きたい、と切に思い先輩・後輩での意見交換や研究をつづけた時期である。
現代表がとにかく麻雀に対してアツいああ見えて(?)職人気質の人なのもこの団体内の気風を後押しし、
数年後に協会の業界内での麻雀に対する評価はある程度はあがった、
と個人的には思っている^^;
 

さて話を先日のMリーグドラフトについての方向に持ってこう。
「第2の協会暗黒期」
こういうっても過言じゃないのでは、と恐れを抱いたのは僕だけじゃないかもしれない。

協会の麻雀が連盟や最高位戦に劣ってるとは僕は思っていない。
例えば今回選ばれた最高位戦の女流の日向・瑞原・丸山に対して、
協会の女流の精鋭は「業界内部の目線で言えば」実績だって実力だって劣ってないのではないだろうか。
連盟の和久津・沢崎・藤崎・岡田・内川にだってそう簡単には負けないとすら(個人的には)思っている。

ただ一方で現代社会は
「質のよい物を作れば必ず売れる時代は終わった」
とも言われている時代だ。

「お客は専門家ではない」
「ドラフト企業側は麻雀の専門家ではない」
この事実がある。

この知識ギャップを埋めるための営業努力、
今後この業界で協会が生き残るためにするべきこと、
なんだろう、
「評価される為にひたすらに麻雀で強くなろう」
10数年前に多くの仲間と皆で至ったこの考え、
これが古いものとなり一つの時代が終焉を迎えたのかもしれない。
そう考えずにはいられない結果だった。

こういった専門業界と顧客の間の穴を埋めるために、
ワインだったらソムリエがいるし、色々な分野にコンシェルジュがいる。
でも麻雀にはそれが無い。
そういった役割はおそらくこれから既にMリーグに入った多くの選手、関係者が担うのかもしれない。
だとしたら益々Mリーグというのは協会にとって遠くなるかもしれない。

ここからの挽回、
並大抵の努力じゃできない。
それはもう麻雀だけじゃ埋められない世界とも思う。
協会を一丸となって変えていきたい、
でもどんな方向に?
 

そしてもう一歩踏み込んだ本音をいえば、
協会員だけが本当に憤りを感じたのか?って点に僕は結構疑問を感じてたりする。
μやRMUはもちろん、上記の通り連盟・最高位戦の人も含めて、
「今後Mリーグに関わる、目指すとして自分の考え方を改める時期かもしれない」って思った人はいるんじゃないだろうか。

麻雀界は遥か昔から
「麻雀を囲碁・将棋のような位置づけに」って合言葉があった。
でもそれですらそろそろ脱却しなきゃいけないのかもしれない。

別にそれは不自然じゃない。
例えばボクシングでは抜群の成績を誇る王者でも不人気だとギャラが安かったりもする。

強くなれば報われる、
強くなれば夢のような生活が出来る、
必ずしもそうじゃない業界なんてわんさかあるのだ。

Mリーグの第2回ドラフトは
「麻雀プロ団体の在り方」
そして
「麻雀プロの在り方」
って点について、
「10年前と同じ考えじゃもうダメだ」という一つの結論を突き付けてきた気がした。

僕自身も、
協会って団体も、
これを一つの結果として受け止めて今後のやり方を考えなきゃいけない時期なのかもしれないですね。
 

と、
後ろ向きな事を色々と考えているのは事実なんですが、
グダグダ言っても起きてしまった事は始まらない。
と思ってるのも事実。

例えば麻雀ですよ。
酷い結果に終わる勝負もある。
終わった後に「運が無かった」「巡り合わせが悪かった」って思う勝負もある。
でもそこで「自分の方が実力は」と不運をぼやく事はあっても「運だけのせいにする」って行為はネガティブで無意味。
今回の件もそうとらえるべきとも思ってます。

そもそも今の協会が対外的にどの程度の評価なのかなんて僕には解らないんですよ。
中に長く居過ぎて。
だから今回の結果が「順当」か「不当」かも正直に何とも言えない。
「企業は選ばなかった」これも事実なら
多くの「”協会0人という結果に驚いた”」って声があるのも事実。
ただどっちも事実だけど、
協会にとってまた苦くて辛い結果だった、これが真実。

でも今回の事も糧にして、
数年後に
今回の金や水口の悔しさを晴らして(というかこの二人が選ばれなかったのはやっぱり長年協会にいた自分達の力の無さも一因と考えると本当にもうしわけがない)、
多くの「不当」って声が正しかったと証明する、
そのために出来る事を協会の人達と決めたい、やりたい、

どうすれば良いか、
色々な人と話して実行して皆で形にしたい。
でももちろん麻雀の質だってこれからどんどん向上させていきたい。
それをおろそかにだけはできないし。
今はそんな気持ちです。

もう今から来年に向けた戦いは始まっている、
そう思うし、思わなきゃならんからね。
協会って団体のリベンジを10年後には成し遂げて「あの2019年が第二の暗黒期”だった”」と言いたい、
そう思った屈辱の一日でした。
以上です。

今の偽らざる本音。
 

最後に改めまして選ばれた8名の皆様、おめでとうございます。
Mリーグは麻雀界の希望の光、これは事実です。
それに相応しい内容の麻雀を本気で期待してます。
これも偽らざる本音です。

2019年7月8日月曜日

会社員麻雀プロの先駆者「横山明香」という女性のお話

自分が麻雀プロになった2004年頃、
「会社員麻雀プロ」というのは業界ではどちらかと言えばマイノリティだったのかもしれない。

そもそも業界の規模、
プロの総人口が今より断然少なかったのもあるが、
麻雀プロと言えば基本的にはメンバー業の傍らでやる人が大半だった。

実際に遠い昔に記事で書いたが、
協会は第1期は水曜日にも対局をしていたらしい。
僕が入った最初の総会で「今後対局は土日祝のみとします」とお達しが出た記憶がある程度なので、
明確にその前の事はしらないが。

さて協会が土日祝対局を基本とする体制をとったのには、
「会社員を積極的にこの業界に受け入れよう」とかいう崇高な意識とかではなく、
実は当時の主力女流選手が会社員麻雀プロだった中で彼女の事情を考慮して、
という部分が多少なりともあったという説がある(真偽は定かではない)。

横山明香(よこやまさやか)という女性だった。
 

会社員麻雀プロとして協会に所属、
おしとやかなたたずまいと気さくな性格もあり人気を博していた選手であり、
協会創立当初の看板選手の一人である。

彼女は一般企業にてOLをしながらも、
土日は対局やゲスト活動をし、
会社員および麻雀プロとしての生活をしていた。

実績的にも第2期日本オープンの決勝や第3期女流雀王決定戦の決勝進出、
リーグ戦で現A2に所属していた時期もありバリバリ活躍。
※ここらへんは当時と現在の業界規模の違いがあるので一概な実績評価は出来ないが。

第5期リーグ戦でB1⇒A2への返り咲き昇級をしながらも、
第6期の始まりと同時に協会を脱会された。
※ちなみにこの時の同リーグには僕もいたし、金やたろうさんもいたり。

詳しい話はしなかったけど、
この業界の理想と現実のギャップに色々と悩んだ中で、第一線から身を引く事を選んだように思えた。
脱会後に一度お会いした事もあった。(何故か奥村さんと3人で飲んだっけなw)
当時とほとんど変わらない姿で、その後の会社員としての生活や彼氏さんの話をされていたい。
そのさらに後、風のうわさで結婚したとも聞いてる。
今では子供に囲まれて会社員兼母親でもされているかもしれない。
 

「今のMリーグとかで盛り上がる業界を彼女もどこかで見守ってるのかな」
仕事の書類を作りながら、ふと思った。

多くの企業が業界を盛り上げてくれている現在、
10数年前には考えられない話だ。
当時の横山さんは、
女流選手もまだまだ今の10分の1にも満たない業界の中、
女流に対する注目度や偏見もいまより圧倒的に強い中、
プロ意識を忘れず高い志で協会自体の在り方についても真面目に色々と考えくれていた人であり、現在に続くレールを必死に作る為に頑張ってくれていた。

会社員麻雀プロという立場からすれば、
現在は一般的なこのライフスタイルについて、
協会および麻雀界への認知を広げてその体制づくりに一役かってくれた点についても彼女の果たしてくれた役割はとても大きい。



もしもMリーグが10数年早く来ていれば、
彼女も選抜に選ばれてその努力がもっと大きな形になっていたのだろうか。
これは埒があかない空想かもしれないし、それを言うなら同様にもっと報われてしかるべきの人だって多数いる。

さて一方で
「キャバクラに行って何の話するの?何切るとか?
というか麻雀知らない人と何の話をしたらいいか解らない?」
普段の真面目で良識ある性格で知られていイメージから想像できないぶっ飛んだ発言をして回りを凍りつかせた事もあったりした根っからの麻雀好き、
「引退してもどこかしらのフリーとかで麻雀打って”あの女性強いなあ・・・”と思われたい」
とか言っていた事もあった。

個人的には
今でも麻雀が好きで、
どこかでたまにフリーやネット麻雀打ってて、
対局放送はちょくちょく見てたりしてて、
そんな姿があったとしたら色々と嬉しく思う。
 

Mリーグって大きな媒体が明日にまた更なる発展をする中で、
過去の多くの先陣の功績があって麻雀界や女流プロの仕事って奴が今の形になってる事、
協会で僕の様な会社員が活動できる発端にこういった方がいた事、
ちょっと書いてみたくなった記事。

ご本人が何されてるかは知らないけど、
いつか元気にまたこの業界でひょっこり競技楽しみに大会来てくれたらそれはそれでそれで嬉しいですね。

例えば明日のドラフトをドキドキしながら見ててくれてて、
例えば明日に金太賢が指名されたとしたらそれを喜んで、
もしもお子さんがいたりしたら、
「この人と昔同じリーグで対局をしていた」
って語り掛けてる、
そんな姿があったらなお嬉しかったりするかも。