2017年3月11日土曜日

ちょうど6年間の3/11(金)の出来事

夕方にさしかかり新宿オフィス25Fにて仕事のメールを打っていた時、
突如の揺れを感じた。

最初は「ああ地震か」程度に思ったが、
あまりのすさまじさから生まれて初めて地震時に机の下にもぐった。
窓の外に見えた東京都庁が揺れている光景を今でも覚えている。
恐怖しかなかった。

終わった後にすぐにYahooニュースを開くと「福島震度6」という内容。
携帯電話もほとんどつながらない中、mixi等のSNSで家族や友人の安否を確認した。
電車は完全にストップしており、甲州街道を3時間かけて歩きながら家に帰った。

僕の友人が直接亡くなったという事はないが、会社の友人や麻雀界の友達で実家が甚大な被害にあった人は何人かいた。
東京もしばらく余震に悩まされた。
何より学生時代から入り浸っていた新宿に明かりの灯っていない光景をこの年はじめてみた。

この時とある協会員(現在退会)の女性が妊娠四ヶ月で福島にいた。
だが彼女は原発事故と自分の体と子供を理由に福島から離れる決意をした。
「県外で『放射能が来た!』と差別される事もあるらしいです…福島の人は汚いですか?」
こんな文章と過酷な避難生活記録を見て心を痛めた記憶もある。
今元気でやっているんだろうか。


そして翌日の3/12(土)、
この日は日本オープンの本戦初日だった。
協会としても色々と判断は難しかったが、既に上京している人たちや場所の確保を考えると延期は難しく、開催を決行した。
やはり交通事情でこれない人もいる中、例年よりも数十人少ない人数の中で始められた本戦だった。
ちなみに「参加出来なかった人達へのお詫びも含めて何かイベントを開きたい」
という意見が後に協会のチャリティー大会「フェニックスオープン」の開始へとつながる事になる。

改めて2011年3月11日の東日本大震災から6年がたつ。
東京はすっかり元通りになったが、福島原発の話などを聞くと今でも危険で過酷な状況が続いているそうだ。
何が出来るというわけではないが、あの日の事を思い出しちょっとだけ日記に書いてみた。
被災者の方々に改めて心からお見舞い申し上げます。

ちなみに私、
地震が終わった直後に「いかん!これガスとか水道止まる!」とか思い、
誰よりも早くダッシュで25Fから階段をかけおり地下のコンビまで降りて、食料と水を買いました。
戻ってきた時に職場の人達がコンビニ袋を見てすごい呆れ顔で「その瞬発力をもっと仕事に使ってよ・・・・」
といわれたのを覚えております(^^;)

さて我が家の地震の備えをちょっと見てみるか。
そして日本オープン本戦の方々は頑張ってください!