follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月23日金曜日

宮内こずえさんの本の話題から、ちょっと思いだした「デジタル」の昔話

日本プロ麻雀連盟の宮内こずえプロの戦術本「手なりで勝つ!宮内こずえの牌効率完全マスター」




その中で以下の何切るがちょっと話題になっている
二三四五八八③④④⑤6789 ドラなし

まあ本の中ではここから牌効率での④切りが推奨されている中で、
ネットにて否定的な意見が結構飛び交っているわけだ。

詳しくは以下、福地誠さんのブログをご参照

http://fukuchi.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-f620.html

まあこの本を僕は読んでいないので本自体の趣旨は良く知らない。
よってもしも「あくまで牌効率枚数についての正解を追求し、その知識を深める」というテーマの本なら正解だろう。が、実戦だったらさすがに宮内さんも9s切るんじゃないだろうか。

「牌効率枚数の問題」ってヤツは実戦での何切るとかけはなれた答えになるのが多いという点は、麻雀プロにとっては結構常識である。
たとえば僕がプロテストにて一番よく覚えているのが以下の問題。
どの牌が一番聴牌枚数が多いか?(複数回答可)

一一二三三五⑦⑧⑧789中中 

この時回答用紙に「⑧と五、枚数同じ」と書いて
終わった後、家への帰路にて「あっ!正解は一だ!」と気づいた。
この時まだこの手の問題になれてなかったゆえに、平面何切るだったらまず選ばない選択肢であった一は思考になかったのである。


さてちょっと話を変える。
「牌効率」、この単語は15年ほど前の「デジタル全盛期」に凄い使われたイメージが個人的にはある。

この時、最強位の長村大さんや片山先生の漫画「牌賊!オカルティ」の影響で、
多くの若手が「牌効率」といった単語に魅かれ、先手好形を主体とした戦術に重きを置き、「デジタル」を自称していた。(僕もそうだったw)

ただ2018年現在、
「デジタルを自称するプロ」というのはほとんど絶滅種、という位に減少している。
※小林剛さんとかキャッチの関係でデジタルって呼ばれてたりするけどw

これには様々な理由があると考えるが、
特に「デジタルという単語の定義自体が曖昧で、世間から勝手なイメージを押し付けられる事が多かった」、が大きいと個人的には思っている。

そしてこの誤解イメージ、
最大の理由は当時多くかかれていた麻雀漫画、そしてそれに登場するデジタルの打ち手達、だったのでは、と考える。
Twitter等のネット媒体もまだ少なかった当時、
一番影響力のあった麻雀情報媒体において多くの作品にて打点をほぼ無視して「トータルで見たら非効率的」な打ち方が繰り返された結果、これによりとにかく「デジタルとは先手と牌効率」という間違ったイメージが世間に浸透し、あげくには競技選手の中でもその風潮が出ていたりした。

これによりデジタルという単語を使うと世間で勝手なイメージを付けられる事が多くなり、それを嫌がる打ち手が出てきた訳である。
実際に小倉孝は「デジタル」という単語だと誤解を招きやすいので、「シンプル」と自分の麻雀を自称していた。(この気持ちは本当によくわかる)
鈴木たろうはとある研究会で「得な事するのが”デジタル”であって、受入枚数だけの問題じゃない」と苦言を発していた事もある。

近年の打点思考のブームに伴い、
最近では「デジタル=牌効率」という考えも消えた、というか上述の通りデジタルって単語がほとんどプロの間では使われなくなったイメージが強い。


ただ宮内さん本人の意思は別として、
上述の問題を見てちょっとそんな昔の「デジタル全盛期」を思い出したりした訳である。
本の趣旨とかが興味あるからちょっとこの本見てみようかな・・・・

ちなみに僕の中で「正しいデジタル」として描かれている一番解り易い例は、
「打姫オバカミーコ」に出てくる「デジミユ」である。
このキャラ、本当にもっと早く出てほしかった。(詳細は下記参照)

https://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/03/blog-post_31.html

2018年2月21日水曜日

YouTuberへのハードルがいきなり上がりすぎてる件

YouTuberという単語は皆さんすっかり聞いたことがあるだろう。
YouTubeに動画をあげ、Googleから許可をもらって広告をはり、
視聴回数によってもらえる広告料で収益を上げている人たちの事である。

まあただの動画がどんどんお金を生むとしたら、それはもう夢のようなお話だし、
小学生の「なりたい職業」でランクインするのもうなずける。


ただ実際にこれをやってみると、
酷い位にお金にならない事が良く解る。

ひそかにご存じの方いるかもだが当方もYouTubeのチャンネルを作ってたりする。
まあ趣味のレベルの物であり、個人で獲った動画を垂れ流す程度なので、
よほどのスリアロ村好きあたりがたまに見る程度かと思うが。

別にそれは良い。
自分だけの裁量でこなせるレベルの少ない手間でコツコツ動画をあげて、
見たい人が見てくれればOKというレベルでありツイッターに写真張ってるのと個人的には同じ位に考えている。
ただどうせやるならちょっとでも小銭になればいい、位に考えて広告は張るようにした程度である。

知らない人への前提として、
当ブログに張っている広告も、YouTubeへの広告も、大元は同じGoogleAdsenseという広告配信サービスが管理している。
既に当ブログで広告申請が通っていた事もあり、YouTubeへの広告張りもたやすいものであった。
なのではした金ではあるが、アップしている動画でコツコツ小銭をためる生活をしていた訳である。

ちなみに、本当に「はした金」である。
どれくらいかというと、当チャンネルに動画をいくつか挙げて、再生回数が合計で1.5万回程度の安いものだが、
トータル収益は●00円とかその程度であるw

もうお金にならなすぎてビックリw
GoogleAdsenseにてブログに張る広告はワンクリックで平均数十円程度なので、
動画収益トータルでブログ数日分程度とかだったりする。

まあ大した労力かけずにダラダラした映像あげてるだけなので文句は無い。
上述の通り、個人でできるレベルを越す気はない、あくまで趣味の一環だし。
ただ世の本気でYouTuber目指してる人たちは色々と苦労してるだろうし手間かけてるんだろうなあ、とか思う程度。それでも「現実って厳しいw」と思っていた。

が、ここから更に自体が進展(?)する。
上述の通りYouTubeに広告をはるにはGoogleAdsenseの許可が必要なのだが、
一方で自分のチャンネルが「YouTubeパートナーシップ規約」を満たしていなくてはならない。

これは簡単に言えば
・チャンネル登録者数
・過去再生回数・時間の合計
あたりがある程度に行ってないと、収益化がみとめられない、という規約である。

当然と言えば当然。大した視聴者もいないサイトに小銭を払うほどGoogleもバカじゃないわけだ。
がこの規約、昨年まではそんなに厳しくもなかった。
合計再生数1万回とかで、僕のトコみたいな小さいチマチマしたチャンネルでも、一応は対象になっていたのである。

それが今月2/20をもって、おおきく規約変更となったのである。
一番解り易い変更点以下
・チャンネル登録者数
従来 規定なし
変更後 1000人以上

見た瞬間に「100人の間違いじゃないの?」と思った。
こんなの個人がやってるテキトーなサイトで満たせるわけがないレベルであるw

「思い切ったなあ・・・・」と思いつつ、
まあ個人規模のチャンネルはもう広告としての意味が薄いから今後お金は出さない、
というYouTube側の態度が明確になった、ともいえる。

いやしかしびっくりだね。
もう満たすために頑張る気もうせる人が多いのではないだろうか。
ちなみに現在僕のチャンネルの登録数が100人くらい。
無理w
毎月の小銭(数円~数十円)がなくなる位、痛くもかゆくもないけどw

まあ改めて
当動画チャンネルは僕が個人でできるレベルの範囲でテキトーな動画上げてるサイトなので、
収益対象じゃなくなったから続けるのやめる、とかはないw
今後も自分に負担がかからない程度にやる予定。
スリアロ村とか好きな人は、とりあえずチャンネル登録しておいてくれると、ちょっとうれしいです。
気が向いた方は下記リンクより是非にw

https://www.youtube.com/channel/UCRbYgutp1d2OdcwNU0N2d6Q
というわけで、
「YouTubeさん、いきなりハードル上げすぎでしょ・・・・」
という雑記でした。
まあ僕はどうでもいいんだけど、
チャンネル登録者数が数百人とかいて、これからどんどん収益化を目指そう!とか考えてた人には厳しいのかもなあ^^;


いやね麻雀業界ってお金ないし、
麻雀プロってそれだけで生計なんか成り立たない人が大半の中で、
多少なりともの小銭をどうやって作るか、って点で色々と試したいとは思いつつ、
色々見てみるほど現実の厳しさを知る(ぼやき)w

2018年2月19日月曜日

江崎文郎が小倉孝以来の快挙達成だそうです(雀竜位)

今期の雀竜位決定戦は江崎文郎の連覇で幕引きとなった。
同タイトルの連覇は第3,4期を獲得した小倉孝以来の快挙である。
https://twitter.com/ClubNPM/status/965184081888657414

まあ去年も以下記事で書いたのだが、
江崎は仲林圭や堀慎吾あたりの様に、入った当初から雀荘メンバーをバリバリやってる格段に強いタイプの男ではなかった。
そして強いセンスを感じたタイプとも僕はあんまりみていなかった。
というか彼の同期の鈴木健太が格段にセンスのある若手という印象が強かったのもある。
http://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/02/15.html

まあ競技に真面目で勉強会や大会に足しげく通う彼を見て、「いつかタイトル獲ってほしい」なんて思ってたのがもう遥か昔に思える。
なんせもう2個目のタイトル、3年前の最強戦プロ代表決定戦も含めりゃ3つ目である。

ちなみに小倉孝は入った当初から天才的だった印象が強い。
多くの麻雀プロが考えていなかった「今となっては当たり前」を周りの批判を多くくらいながも平然とやってた姿は本当に印象的で、
彼の存在が今の協会の多くの打ち手に強い影響を与えた点も疑うまでもない。
http://susumutakenaka.blogspot.jp/2016/11/3.html

話を江崎に戻す。
江崎の打ち筋というかフォームは実際に競技選手の理想形の一種である。
打点に対するしっかりした構想力を武器に手組を序盤から作り上げ、中盤以降の細かい判断を強いられる局面を極力少なくするシンプルなスタイル、

堀慎吾の麻雀を彫刻刀なみに細かい打ち方とするなら、
江崎はナタのようにばっさりと局面をたたき切っていて、
「ミスをしないのではなく、ミスをする局面を作らない」というお手本に近い。
新人の子とか女流の子とかは特に見習うのをすすめたい型だ。
もうちょっと言えば凡人が堀慎吾の打ち方とかまねると多分キャパオーバーでパンクするので勧めないw
※個人的な最高の理想の打ち方は仲林なんだけどねw

そして今年の決勝ちょっと個人的に印象に残ってる事がある。
A級の第2節の日、対局後に蔵と斎藤俊とヨンスと4人で酒を飲んでいた。
その際に「決勝で優勝目無しになった時どう打つか」?というお決まりの議論になったわけである。
蔵大先生や斎藤俊が「ファンの目を考えると優勝の邪魔はあまりできない」とヒートアップする中で、
ワシはその意見に真っ向反対で「そもそもファンの目ってどの人の目?競技選手が自分の信じる競技のあるべき姿を体現しない方が大問題だ」と対抗してヒートアップしたわけである。
ちなみに最後には酔っ払いモードの蔵大先生による「うるさい!Aリーグ行った事ないくせに!」で決着が(ry

その日の事があったので、
そんな斎藤とヨンスが今回の決勝15回戦、どう考えて打ってるかを推察するのがちょっと面白かったですね。
まあヨンスは正直に優勝は非現実的な中で斎藤・坪川は射程圏内だった、よってやることは結構明確だったけど。

んで斎藤はどう考えていたか?
僕なりに思うところがあるし、彼の打ち方は興味深い部分があった。

優勝を徹底的に目指す?手堅く2着を目指す?
まあ正解は勿論無い。でも各人には色々と考えや思惑があるんだろうな、と。
ぶっちゃけ僕の私見に結構近い意見のコメントもあって、昨今のファンの人って目が肥えてるかも、とか思ったりもした点もある。

まあこれ以上はちょっと邪推の域を超えないし、ただ単純に「興味深いな」と思っただけである。
今度ヤツと飲む時に色々と聞いてみるかw
気になる人はちょっと放送をTSで見てみてください^^;

改めて選手の皆様、お疲れさまでした。
今年の決勝も本当に面白かった!